子育てを愉しむ家造り・家事楽な家のアイデア

子育てを楽しみ、頭の良い子が育つ家のノウハウや、家事が楽になる住宅のアイデアを紹介しています。
建築家のアイデアによって家だけでなく家族が生まれ変わる。
そんなポイントを写真を使って解説したいと思っています。

子供に沢山の書物を与えるより、家の在り方をキチンと考える事で子供の将来にも良い影響を与える事が出来ると考えています。

家造りを通じて、家族の在り方や関係をもう一度問いただしてみませんか?
ライフスタイルをデザインし、家族の悩み解決のお手伝いをさせて戴きます。

mail:konno@akatukidesign.com
<< 調理に積極的に子供が参加するキッチン〜IH・ガスコンロ比較 | main | 親の背中を見て育つリビングと一体化した書斎コーナー >>
家族が必ず通過する1階リビングか明るい2階リビングか?〜構造的観点で見てみると
1階リビング

住宅の間取りを考える時にまず迷うのがリビングの場所。
日当たりを重視して二階や三階にリビングを設けるケースもあるかと思います。
都心の狭小地では一階にリビングを設けると充分な採光が確保できずに、より条件のいい場所にリビングを持ってくるというやり方です。
しかし、従来の考え方である1階リビングは、必ず家族が通過する「リビング階段」とするこ事で家族の絆を深める事も出来るし、直接個々の寝室にアクセスさせないで、家族の顔を毎日確認する事が出来るメリットがあります。
リビングが家族のよりどころになるような間取りは1階にリビングを持ってきたほうが造りやすいと思っています。

また、地面に近いリビングの方が家庭菜園やペットとの距離も近くなるし、階段の昇り降りなく生活する事が出来るので、老後の生活においては何かと安心だという事もあります。

---

しかし、構造的観点からこの一階リビングを考えるとちょっと不都合な部分も出て来る為、キチンとデメリット・メリットを把握する必要があるものと思っています。

地震で揺れる建物

地震に強い建物を作ろうと思ったときには、実は1階リビングの間取りはとても不利になるんですね。
それは1階のほうが2階に比べてゆれる為強度を求められるから。
1階と2階の構造のバランスは壁倍率という指標で比較するとこのようになります。

建築基準法レベルの耐震強度 建築基準法の1.25倍の耐震強度 建築基準法の1.5倍の耐震強度

建築基準法レベル(阪神大震災レベルの地震で崩壊しない)の耐震強度で2階に比べ1階は2倍強くしなければならなくなります。
また、住宅性能表示の耐震強度2(阪神大震災×1.25倍レベルの地震に耐える)では計算方法が若干異なるものの1階が2階の2.5倍の強度が必要となるわけです。

つまり、構造強度を上げようと思えば思うほど1階は壁だらけになってしまうのです・・・

一階リビングの揺れ方 二階リビングの揺れ方

ビジュアル化するとこのようになります。
一階リビングより二階リビングの方が構造的に優れているのがイメージできるのではないでしょうか?

ですから、二階リビングという選択肢は構造的観点からも優位で、間口の狭い狭小地住宅などにはとてもマッチングのいい間取りなのです。
ただし、それでも、老後の暮らしや家族の絆を考えた場合には1階にリビングを持ってきたいと思う場合もあると思うのです。

その場合は特に構造のグレードに応じた構造躯体の選択が必要になる訳です。
(基準法レベルであれば大概の構造方式で実現可能ですが、耐震性能2・3を目指し、開放感のある間取りを実現する場合は特殊な構造が必要になる事がある。)

---

2階リビングにしたいと始めから要望を持って相談に来るお施主さんも多いのですが、まず何で二階にしたいのか?
その2階にするメリットは工夫次第で1階でも可能ではないか?
また、逆に、一階リビングにしたい理由は何なのかを整理し建築家や営業マンに伝えることが重要だと思っています。
家造りはその時の気分やトレンドのみで建てるべきでなくて、もっともっと長いスパンでその家でどのように暮らすのか?
子育ての時期から夫婦二人だけの暮らし、老後の生活を見据えた間取りを考える事も重要だと思うからです。
| 家族の絆を育む家 | 09:33 | comments(0) | -
コメント
コメントする









Please Click Ranking Button
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
本blogがお役に立てば投票お願いしま〜す!
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading
Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 手間なしポンでお風呂の残り湯を簡単再利用
    akatuki (09/07)
  • IKEAと一緒に子育て談義〜子供部屋についてみんなで考えよう・パネルディスカッション
    akatuki (09/07)
  • 手間なしポンでお風呂の残り湯を簡単再利用
    ノコリーユECO情報 (06/27)
  • IKEAと一緒に子育て談義〜子供部屋についてみんなで考えよう・パネルディスカッション
    iu-kikaku (03/04)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
Akatuki Design Second Blog
Akatuki Design 一級建築士事務所主催建築家「今野 暁史」の個人blogです。
国内外旅行情報を始め、インテリア・雑貨、建築に関する詳細情報をお伝えします。
趣味の映画鑑賞や海外旅行のことまで決まったテーマもなくだらだらと日記を書いています。
→ライフスタイルをデザインするAkatuki Design
RSS表示パーツ