子育てを愉しむ家造り・家事楽な家のアイデア

子育てを楽しみ、頭の良い子が育つ家のノウハウや、家事が楽になる住宅のアイデアを紹介しています。
建築家のアイデアによって家だけでなく家族が生まれ変わる。
そんなポイントを写真を使って解説したいと思っています。

子供に沢山の書物を与えるより、家の在り方をキチンと考える事で子供の将来にも良い影響を与える事が出来ると考えています。

家造りを通じて、家族の在り方や関係をもう一度問いただしてみませんか?
ライフスタイルをデザインし、家族の悩み解決のお手伝いをさせて戴きます。

mail:konno@akatukidesign.com
<< 親の背中を見て育つリビングと一体化した書斎コーナー | main | コンセントカバーと扉付きコンセント〜子育て時に必要になる住宅設備アイテム2 >>
子育ての時に必要になる住宅設備アイテム1〜低温度出湯タイプ給湯器
低温度出湯タイプ給湯器

自分自身が子育てをするようになって始めて気づくこと。
やはりいろいろとあるものです。
建築家として日々勉強はしているつもりですが、実際に家を建て勉強できる事も多いのです。

そこで、今回は私が採用した住宅設備の中での不満点といいますか、失敗点?を紹介したいと思います。

それは、給湯器のお湯の温度。
これまで、給湯器の性能は各社違いはあるけれども、どこも一様でさほど違いがないと思っていたんですね。
給湯の能力を示す20号や24号といった号表記。
フルオートやオートといった追い焚き機能に関する違い。
エコジョーズ等の高効率給湯機か否か?
設置方法や配管経路の適合性は?

また、配管を掃除する仕組み等の高機能型など、機種を選ぶ要点は把握しているつもりだったんですね。

そこで、私が採用したのが上記のリンナイの給湯器だったんです。
理由は簡潔。
その当時発売されている給湯器の中では給湯リモコンが一番格好がよかったから。
メーカーをリンナイ(Rinnai)に絞った上で、二箇所でお湯を使っても問題のない24号のエコジョーズタイプの給湯器を選んでいたんですね。

しかしです・・・

赤ちゃんを湯船で一緒に入れるようになって最近不具合が出てきたのです。
それは、夏場に差し掛かり、お風呂の追い焚き給湯を使って湯船にお湯を溜めるのですが、設定温度の下限である温度37度ではちょっと赤ちゃんには熱いんですよね。
給湯器の温度を37度以下に設定しようにも出来ない仕様となっているんです。
今まで全く気にしなかった給湯器の下限温度。

メーカーに確認しましたが、リンナイでは37度より低く設定できないとの話でした。
メーカーの技術スタッフの方もすぐに設定温度が解らず解答にしばらく時間が掛かったわけですが・・・
カタログにも細かい表記がないのです。
だから、気づかないのも無理がないといったらいい訳ですが・・・
自分が使う事によって初めて気が付くことが出来たのです。

---

さて、他メーカーはどうかというと、
ハーマン(HARMAN)は低温度出湯温度モードがあり32度の給湯が可能。
ノーリツ(NORITZ)も33度からの出湯が可能との事。
メーカーによって下限温度の設定が違うんですね。
この3〜4度の温度差が大きいのです。

因みに、夏場のお風呂は37度であると大人でも少し熱いと感じるくらい。
決して不快な温度ではありませんが、低温のお風呂に入りたい方は子供の事を抜きにこれらのメーカーを選択するのが得策かと思います。
ぬるま湯のお風呂にゆっくりと浸かりたいひとには給湯器の低温度出湯モードが必需品です。

※H.22.07調べ(ハーマンはカタログ値、ノーリツに問い合わせした値)
※採用前にメーカーに再度お問い合わせ下さい。

---

さて、低温度出モードのない給湯器の場合、ぬるま湯のお風呂に入りたい時にどうしたら良いか?
それは単純。足し水をすればいいんですね。
足し水ボタンワンプッシュで約10リットルの水が出て約1度湯温を下げる事が出来るわけです。(メーカーカタログより)
その為、お湯はりの水位をワンランク下げてお風呂を沸かし、入る前にワンプッシュ、ツープッシュして調整する事で問題なくぬるま湯に浸かる事が出来ます。
ですから、大きな問題ではないのですがデザインを優先しない方はこの機能に注目したい所ですね。

ただ、わざわざ高い温度で炊いたお風呂に水を足すのってなんだかしっくりこないんですよね。。。

意外と知られいない低温度出湯モード。
給湯器選びの一つの指標にしてみてください。
| 子育てを愉しむ家 | 10:48 | comments(0) | -
コメント
コメントする









Please Click Ranking Button
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
本blogがお役に立てば投票お願いしま〜す!
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading
Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 手間なしポンでお風呂の残り湯を簡単再利用
    akatuki (09/07)
  • IKEAと一緒に子育て談義〜子供部屋についてみんなで考えよう・パネルディスカッション
    akatuki (09/07)
  • 手間なしポンでお風呂の残り湯を簡単再利用
    ノコリーユECO情報 (06/27)
  • IKEAと一緒に子育て談義〜子供部屋についてみんなで考えよう・パネルディスカッション
    iu-kikaku (03/04)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
Akatuki Design Second Blog
Akatuki Design 一級建築士事務所主催建築家「今野 暁史」の個人blogです。
国内外旅行情報を始め、インテリア・雑貨、建築に関する詳細情報をお伝えします。
趣味の映画鑑賞や海外旅行のことまで決まったテーマもなくだらだらと日記を書いています。
→ライフスタイルをデザインするAkatuki Design
RSS表示パーツ