子育てを愉しむ家造り・家事楽な家のアイデア

子育てを楽しみ、頭の良い子が育つ家のノウハウや、家事が楽になる住宅のアイデアを紹介しています。
建築家のアイデアによって家だけでなく家族が生まれ変わる。
そんなポイントを写真を使って解説したいと思っています。

子供に沢山の書物を与えるより、家の在り方をキチンと考える事で子供の将来にも良い影響を与える事が出来ると考えています。

家造りを通じて、家族の在り方や関係をもう一度問いただしてみませんか?
ライフスタイルをデザインし、家族の悩み解決のお手伝いをさせて戴きます。

mail:konno@akatukidesign.com
意外と便利な住宅内の通信機器〜子育てに必須な住宅設備・子育て便利グッズやアイデア4
給湯リモコン

あまり期待していなかった住宅設備のオプション機能。
その中で最も重宝しているのが給湯器のリモコン付属機能の「室内呼び出し機能」
お風呂の給湯リモコンの通話スイッチを押すと台所でピーピピッって鳴って通話が出来るというもの。

お風呂に入っている時にわざわざ台所と通話する事はないし、邪魔の入らないゆったりとした時間を邪魔されたくないし・・・
という事で、あまり重視していなかった機能なんですが・・・
現在はかなり頻繁に利用しています。

それは、赤ちゃんの入浴時。(お母さんが赤ちゃんをお風呂に入れる場合)
お母さんが先にお風呂に入り体や頭を洗い終わった後に呼び出しボタンで、「ピーピピッ」っと娘を連れて来ての合図を出すのです。
その合図を待って、娘を連れて行くことが出来るし、また逆に洗い終わった合図の呼び出しボタンの音を聞いて迎えに行く事が出来るのです。

戸建住宅の場合は特に生活階とお風呂が離れている場合があり、この機能が役立つと思うのです。
コレは、生活してみてその機能のメリットを感じている事。
今は大体どの給湯リモコンにもこの呼び出し機能が付いていますが、一部のリモコンにはこの機能が無い為、チェックしておくと良いと思います。

恐らく、子育て期のみならず、老後の介護期なども有効な機能。
老後の住まいの場合(特に二世帯住宅)お風呂に緊急呼び出しブザーを付ける事もあるので、この室内呼び出し機能で代替できる部分もあるのかなと思います。
給湯器のリモコンまではこだわらない事も多いと思うので参考になればと思います。


どこでもドアホン親機 どこでもドアホン子機

もう一つ、宅内通信機能として便利なのがどこでもドアホン(panasonicの商標で他メーカーでも同様の商品あり)。
子機を電話機のように持ち歩く事が出来、好きな所でインターフォンの対応が出来るというもの。
これも、CMのようなベランダで洗濯物干している時に受けるという事はほとんどないと思うんですよ。
よっぽど荷物や来訪者の多い方なら、子機を持ち歩いているかもしれませんが、一日に1〜2回程度の来訪者の為に、この子機を持って家事をするという事は考えがたい訳です。

ですから、思ったほど便利ではないのですが・・・
こちらも室内呼び出し機能が付いているので、生活シーンに合わせて置き場所を選択し、階をまたいで家族を呼び出す合図にする事は可能です。
もちろん、大きな声で「ご飯出来たわよ〜」って呼び出すほうが健全だと思いますが、赤ちゃんが寝ている時などあまり大きな音をたてずに伝えたい場合には重宝します。
また、家事室に設置しつつ子育てに応じて置き場所を変えることが出来るというのもメリットです。

ですが、親同士の呼び出しは携帯電話(家族通話無償プラン)でも可能だし、無くても良い機能です。

しかし、三階建てや、赤ちゃんや病人のいる世帯にはとっても有効だと思います。
ベットで横になりながら家族を呼び出したい時。
そんな時に急に役立つ機能だと思っています。

薄型どこでもドアホン

本来は、携帯電話とドアホンの機能が一体化すれば便利なのですが、今の所、携帯電話で直接ドアホンに出る事が出来る機種は見当たりません。(カメラで撮影された写真がメールで送られてくる機能はある)
もう少しホームオートメーションが進むともっともっと便利な商品が出てくるのでしょうが、こういう機能を紹介しつつ・・・
なんか違う気がしちゃうんですよね(笑)
| 子育てを愉しむ家 | 14:01 | comments(0) | -
授乳期の生活で改めて必要性を考えさせられる柔らかい床〜子育てに必須な住宅設備・子育て便利グッズやアイデア3
住宅の子育ての必需品アイテム

子育ての際に有効なアイテム。
そんな住宅設備を挙げればきりがありませんが、その中でとても有効だったり、失敗談やこうすべきだったといったアイデアを建築家の実体験を元にレポートいたします。

まず、なんといってもキッチンの住宅設備。
食器洗乾燥機は子育て・共働き家族には欠かせないアイテム。

離乳食を作る調理器具や食器などを高温殺菌出来るのでとても重宝します。
手洗いでは利用できるお湯の温度に限界があるので、キチンと殺菌できるのか?不安になる方も多いと思いますが、食洗機であればその心配はありません。

洗剤が心配な方には、重曹を利用出来る食器洗い乾燥機もあります。
重曹は炭酸水素ナトリウムの事で、調理にも利用される人体にも無害な優しい洗剤。

乳児や幼児の食器洗いも心配がありません。
※ただし、高温洗浄に対応しない食器もありますのでご注意下さい。

---

また、ガスオーブンも新築当時はそれほど頻繁に利用しませんでしたが、妊娠期にとても重宝していました。
1.外出が余り出来ない為、お菓子作りが楽しい事。
2.子供の体調を気遣ってお菓子の材料も気にす事る為、自分で作るようになった事。
3.出来たては美味しい!
以上の理由から、妊娠中は特に使っておりました。
子供がもう少し大きくなったら、一緒にお菓子造りをするなど、これからの楽しみも増えそうです。

住宅の子育ての必需品アイテム

話は変わりますが、床の素材もやはり子育てと相性がいい悪いがあるのです。
我家の床材は土間部分が玄昌石、フローリングはチークの無垢フローリングとしています。
どちらも堅い素材で、子育てには適さない材料です。

もちろん、それはおりこみ済みでみでしたが、赤ちゃんをあやす為に抱っこするようになると座って抱っこするわけにもいかないので(止まって抱っこすると嫌がるのです)、部屋中ぐるぐる歩き回る事になります。

始めは素足で抱っこしながら歩いていたんですけど、さすがに長時間抱っこが続くと膝にこたえてきます。

しかも、床材が堅いだけでなく、剛床といってその下地も強固な工法を取っているので素足で歩き回ると余計こたえるのです。
クッション性のあるスリッパを履いたり、部分的にコルクマットを敷いたりして対応すればそれほど不便を感じませんが、始めからやわらかい床材を使う事の方が子育て対応と言えるかもしれません。
杉材や松材のような針葉樹の無垢フローリングを使うことで足ざわりの良い、クッション性のある床とすることが出来ます。
しかし、柔らかい床材は逆に傷が付きやすいというデメリットがあります。
物をぶつけたり、落したり、赤ちゃんにボロボロにされてしまうかもしれない弱点があるという事忘れてはいけません・・・

分厚い合板の施工・剛床の施工写真 根太無し剛床の施工写真

ちなみに、剛床とは床下地に分厚い合板を敷き、床の合成を高めることで、地震による揺れを床伝いに周辺の壁に伝達をして耐震強度を高める工法です。(耐震性を高めた家の多くはこの剛床を採用しています。)
従来の根太敷きの床組みでは根太がクッションの役割を果し、いくらか足への衝撃を吸収してくれたのですが、この工法はかなり硬く感じられる為、足への負担が以前より大きくなっていると感じています。
コレは、実際自分で住んで実感する事で、世間では余りその問題はとりだたされていませんが、子育て期の家造りにおいては少し配慮が必要かもしれませんね。
もちろん、老後の住まいでも注意したいところです。
毎日歩く床の事。
下地とフローリング材、そしてカーペットやスリッパの事も考えて家造りをする事が重要ですね。
| 子育てを愉しむ家 | 14:12 | comments(0) | -
コンセントカバーと扉付きコンセント〜子育て時に必要になる住宅設備アイテム2
コンセントカバー

赤ちゃんがズリバイ(ハイハイ)を始め、好きなところに動き回るようになると気になるのがコンセントの事。
コンセントの穴に指や棒を突っ込んで感電したり、火災を招いたりしないかが心配になるものです。

まず、簡単な対策はコンセントの穴を塞ぐコンセントカバー。
これで、簡単に子供が穴に物を突っ込んだり出来なくなります。
このコンセントカバーは各社様々なタイプを販売していますが、私が調べた所調子良さそうなのが下記のタイプ。

ピジョンのコンセントカバー

ピジョンのビーケア コンセントキャップです。
キャラクターのついているものはかえって子供の興味を引いてしまうのと、突起物が掴みやすくはずしやすくなってしまいます。
このコンセントキャップは薄い上に端が丸くなっていて子供が掴みにくくなっています。
大人が取ろうと思っても爪が伸びていないとちょっと難しい塩梅です。

コンセントカバーを外す所

そこで、セットになっているケースを使ってテコの原理で外す事が出来るようになっています。
いい具合です。

しかし、コンセントによっては少し緩い個所もあります。
我が家の場合はJIMBOのコンセントを利用していて比較的具合が良いのですが、松下(NATIONAL)のコンセント部分は若干緩いように感じます。
それなので、利用しているコンセントのメーカーによっても合う合わないがあるかと思うので様々なタイプを試して購入するのが良いかと思います。

扉付きコンセント

コレはお施主様宅で利用させていただいた扉付きコンセント。
二穴同時にコンセントを挿さなければ扉が開かず、子供の悪戯対策になるという物。
この場合は予め工事中に扉付きコンセントを採用する必要がありますが、採用の価値はあるかと思います。

扉付きコンセント

採用前は斜めからの抜き差しが難しいと予想していましたが、実際の使用感は若干抜き差ししづらい感はありますが、全く支障ありません。
しかし、逆に子供でも容易に抜き差しできる可能性があります。
棒や指を突っ込んで事故につながる事は確実に減りそうですが、過信は禁物です。

これらの便利アイテムを採用するのは簡単ですが、一番重要なのはコンセントの使われ方をキチンとイメージするという事。
危険になりやすい、アイロンやポット、ホットプレートなどの機器を使う場所をキチンと想定して適材適所のコンセントレイアウトを考える事。
直接床置きする扇風機やスタンド照明等も使われ方をイメージしてコンセントの配置を考える事が重要です。
脚を引掛けたり手を伸ばしてもコードが届かないように工夫するなど、間取りや電気図上での検討をおろそかにしてはいけません。

開けたらコンセント

もう一点便利グッズを紹介すると、掃除機などのコンセント用には開けたらコンセントという商品があります。
コレはスイッチプレートを開くとコンセントが現れるという代物。
掃除機などの一時的な利用のコンセントにお勧めです。
また、屈まずに抜き差しできるので高齢者にもお勧めの住宅設備です。

| 子育てを愉しむ家 | 15:57 | comments(0) | -
子育ての時に必要になる住宅設備アイテム1〜低温度出湯タイプ給湯器
低温度出湯タイプ給湯器

自分自身が子育てをするようになって始めて気づくこと。
やはりいろいろとあるものです。
建築家として日々勉強はしているつもりですが、実際に家を建て勉強できる事も多いのです。

そこで、今回は私が採用した住宅設備の中での不満点といいますか、失敗点?を紹介したいと思います。

それは、給湯器のお湯の温度。
これまで、給湯器の性能は各社違いはあるけれども、どこも一様でさほど違いがないと思っていたんですね。
給湯の能力を示す20号や24号といった号表記。
フルオートやオートといった追い焚き機能に関する違い。
エコジョーズ等の高効率給湯機か否か?
設置方法や配管経路の適合性は?

また、配管を掃除する仕組み等の高機能型など、機種を選ぶ要点は把握しているつもりだったんですね。

そこで、私が採用したのが上記のリンナイの給湯器だったんです。
理由は簡潔。
その当時発売されている給湯器の中では給湯リモコンが一番格好がよかったから。
メーカーをリンナイ(Rinnai)に絞った上で、二箇所でお湯を使っても問題のない24号のエコジョーズタイプの給湯器を選んでいたんですね。

しかしです・・・

赤ちゃんを湯船で一緒に入れるようになって最近不具合が出てきたのです。
それは、夏場に差し掛かり、お風呂の追い焚き給湯を使って湯船にお湯を溜めるのですが、設定温度の下限である温度37度ではちょっと赤ちゃんには熱いんですよね。
給湯器の温度を37度以下に設定しようにも出来ない仕様となっているんです。
今まで全く気にしなかった給湯器の下限温度。

メーカーに確認しましたが、リンナイでは37度より低く設定できないとの話でした。
メーカーの技術スタッフの方もすぐに設定温度が解らず解答にしばらく時間が掛かったわけですが・・・
カタログにも細かい表記がないのです。
だから、気づかないのも無理がないといったらいい訳ですが・・・
自分が使う事によって初めて気が付くことが出来たのです。

---

さて、他メーカーはどうかというと、
ハーマン(HARMAN)は低温度出湯温度モードがあり32度の給湯が可能。
ノーリツ(NORITZ)も33度からの出湯が可能との事。
メーカーによって下限温度の設定が違うんですね。
この3〜4度の温度差が大きいのです。

因みに、夏場のお風呂は37度であると大人でも少し熱いと感じるくらい。
決して不快な温度ではありませんが、低温のお風呂に入りたい方は子供の事を抜きにこれらのメーカーを選択するのが得策かと思います。
ぬるま湯のお風呂にゆっくりと浸かりたいひとには給湯器の低温度出湯モードが必需品です。

※H.22.07調べ(ハーマンはカタログ値、ノーリツに問い合わせした値)
※採用前にメーカーに再度お問い合わせ下さい。

---

さて、低温度出モードのない給湯器の場合、ぬるま湯のお風呂に入りたい時にどうしたら良いか?
それは単純。足し水をすればいいんですね。
足し水ボタンワンプッシュで約10リットルの水が出て約1度湯温を下げる事が出来るわけです。(メーカーカタログより)
その為、お湯はりの水位をワンランク下げてお風呂を沸かし、入る前にワンプッシュ、ツープッシュして調整する事で問題なくぬるま湯に浸かる事が出来ます。
ですから、大きな問題ではないのですがデザインを優先しない方はこの機能に注目したい所ですね。

ただ、わざわざ高い温度で炊いたお風呂に水を足すのってなんだかしっくりこないんですよね。。。

意外と知られいない低温度出湯モード。
給湯器選びの一つの指標にしてみてください。
| 子育てを愉しむ家 | 10:48 | comments(0) | -
親の背中を見て育つリビングと一体化した書斎コーナー
書斎コーナー

家造りを考えているお客様の中には、書斎を設ける事を望む方が多くいらっしゃいます。
一言で書斎といっても、そこは本を読む場所なのか?パソコンをする為のPCコーナーだったり、ちょっとした仕事をする場所やSOHOスペースなど様々な形態が想定されます。

iPadやiPhoneといったスマートフォンなどの登場によって今後もWeb閲覧や読書の形態が変化する事が予想され、さらに多様な書斎スペースの提案が求められるようになってきました。

今回ご紹介するのはリビングの一画に書斎コーナーを作るというスタイル。
完全な個室や半個室とする書斎とは違って、かなりオープンな書斎スペースとなります。
その為、集中力を求められる難しい仕事には不向きですが、blogの更新やWEB・メールのチェックや簡単な書類作成等をこなす程度であれば問題ありません。

このスタイルの最大の魅力は親の背中を見せて子育てを行うことが出来るという事。
職場の仕事を少し持ち帰って家で行う事や、親の趣味や興味を子供や家族と共有する事が出来ます。

また、子供のPCスペースとして家族と共有する事でクリアな家族関係が築くことが出来き、自発的な勉強に繋げる事も可能だと思っています。

新居を構えるまでは、家族と近い距離でパソコンや読書を興じていたのに、書斎という個室を手に入れ関係が変わってしまうという事がよくあります。
子供の成長や趣味、学校や幼稚園などでの活動への興味より、自分ひとりの時間を優先する事で失われてしまうものもあるからです。
個室という完全なプライバシーを手に入れることも魅力ですが、時によってはそれにより犠牲になる事もあるので注意が必要です。

※もちろん完全個室の書斎も魅力的です。その用途や考え方によってスタイルを選択する事が重要だと思っています。

書斎コーナー
※冒頭の写真からキーボードを収納した状態になります。

さて、リビングの一画に書斎コーナーを設けるときに気をつけたいのが、書斎として使っていない時の姿。
書斎周りは煩雑になりがちで、特に飾る為の本などが陳列してある訳ではなく、必要な文具(ホッチキスやハサミ等)や読みかけの雑誌や書物、まとめ途中の書類や、領収書の束だったり、あらゆる色や形のごちゃ混ぜなものが集まっている場所です。
もちろん、毎回作業を終えた後に綺麗に片付けることができるのであれば問題ありませんが、家族全員で使う書斎(PCコーナー)とする場合はなかなか難しいもです。

お客様を迎える時などに、余りちらかっている状態を見せたくない。
そう考える場合は、写真のように本棚に扉を付け、引き出しもキチンと設けたデスクを作る事をお勧めします。
これであれば急な来客でもパッと扉の中に隠す事が出来るし、どさっと作業中の書類をそのまま引き出しに仕舞う事も出来るのです。
このケースではキーボードやマウスなども仕舞える工夫をしていてます。

また、書斎コーナーに設けるパソコンは出来れば高スペックなデスクトップタイプの物を設置出来るように想定する事が必要だと思っています。
それはスマートフォンの復旧に伴い、気軽にネットサーフィンを何所でも行うことができるようになってしまったから。
だから、家族で共有するパソコンはできるだけ性能の良い物で他ではまかない切れない作業が生じた時に使う物でありたいからです。
また、プリンターなどの周辺機器の置き場所もキチンと考えておきたい所です。

---

書斎コーナーを設ける事(部屋でなく、コーナーとして設ける事が)は、父親にはちょっと抵抗のあることだと思います。
家に帰って来てじっくり一人で寛げる場所。
そんな逃げ場所が欲しくなる気持も解らなくないですが、そういった行動は子供が真似してしまうものです。

家族の絆を大切にするのであれば、また頭の良い子供を育てる為には、オープンな書斎コーナーや半個室の書斎スペースが有効であると考えています。

家族のコミュニケーションが生まれる間取り。
そんな生きた空間が家族を一つにするのではないかと思っています。

---

「ちょっと、○○。明日の那須の天気調べてくれないかな?」
「な〜に〜、お父さんまた明日もゴルフ?」
「そうなんだよ。明日のゴルフは余り行きたくないんだけど、仕事の付き合いでさ・・・」
「なんて言って本当は行きたいんでしょ〜。天気はいいみたいよ〜」
「ありがとう。お土産は何がいい?」

な〜んていうコミュニケーションが生まれるかもしれません(笑)
| 家族の絆を育む家 | 22:52 | comments(0) | -
Please Click Ranking Button
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
本blogがお役に立てば投票お願いしま〜す!
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading
Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 手間なしポンでお風呂の残り湯を簡単再利用
    akatuki (09/07)
  • IKEAと一緒に子育て談義〜子供部屋についてみんなで考えよう・パネルディスカッション
    akatuki (09/07)
  • 手間なしポンでお風呂の残り湯を簡単再利用
    ノコリーユECO情報 (06/27)
  • IKEAと一緒に子育て談義〜子供部屋についてみんなで考えよう・パネルディスカッション
    iu-kikaku (03/04)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
Akatuki Design Second Blog
Akatuki Design 一級建築士事務所主催建築家「今野 暁史」の個人blogです。
国内外旅行情報を始め、インテリア・雑貨、建築に関する詳細情報をお伝えします。
趣味の映画鑑賞や海外旅行のことまで決まったテーマもなくだらだらと日記を書いています。
→ライフスタイルをデザインするAkatuki Design
RSS表示パーツ